CRANE
動いてもぼやけない
ビデオを見る
専用のカメラクルーCRANEを一体化

Craneは主にSony a7SやPanasonic GH4などのミラーレスカメラ向けに設計され、マイクロフィルムや結婚式のビデオや旅行記録など、ローコストな個人向け撮影用途に最適です。パーフェクトな安定化性能を有し3軸に沿って360°自由に回転し、あらゆる画角で安定にかつ簡単にスムースなストリームを撮影できるため、今まで大勢のカメラクルーを引き連れなければ実現できなかったパーフェクトな画像が、1人で撮影できるようになりました。

フォースの威力

Craneのジンバル本体の重量はたった950g (バッテリーを除く) ですが、有効なペイロードは最大1800gに達するので、一部のDSLRカメラモデルを含むほぼすべてのミラーレスカメラが装着でき、撮影条件に合わせて各種のレンズを組み合わせることができます。人間工学を応用して設計されたコンパクトでエレガントなボディにより、実際のクレーンマシンと同様に動作し、他の追従を許さない安定性と強靭性を有しています。

本体総重量

(バッテリーを除く)

最大有効ペイロード

指先1つで操作できるジンバル

Bluetooth接続を最適化したCRANEでは、特殊な手のひらサイズのリモコンやモバイルアプリを介してカメラの姿勢やモードの切り替えを遠隔操作でき、操作が一層簡単にかつ柔軟になりました。

指先1つで操作できるジンバル

ブルートゥースを介してアプリを制御

3軸に沿った360度パノラマ撮影

3軸すべてに先進型スリップリングテクノロジーを採用したCraneは、3軸すべてで360°にわたって無制限に回転制御が行えるため、撮影のニーズに応じて、カメラに複雑な動きをさせたり任意の位置に配置することができます。

2つの機能を1台に

写真家や映画作家の作業効率を最大化できるCraneは、ソニーとパナソニックのカメラのコントロールラインとの接続を通じてリアルタイムで制御ができる市場初の製品です。これは、文字通り、スタビライザーとカメラを1台の機器に統合して、別々に制御する際に生じるトラブルを防止します。

指先1つで操作できるジンバル

ブルートゥースを介してアプリを制御

効率を向上させ消費電力を低減するInstuneアルゴリズム

Craneは、最適化された高トルクモーター制御テクノロジーを実装し、Zhiyunが自力で改革を進めたInstuneアルゴリズムを採用することにより、正確でスムースな補正によってリアルタイムで突然の動きや急激な回転に応答でき、消費電力を低減させることにも成功しました。安定性がきわめて優れているため、ディスプレイで画像が5倍に拡大した場合でも、ほとんど手ブレが目立ちません。

即時姿勢補正

内蔵の独立IMUで最高毎秒4000Hzで動作の同期処理速度を実現した先駆的な32ビットx3の高速MCUパラレル制御テクノロジーを採用し、他製品の追随を許さない動体感度や高精度制御が行えるCraneを使用すると、息を呑むほど美しい画像を撮影することができます。

毎秒4000Hzで動作 32ビットx3MCU
オンラインカスタマーサービス